『忍頂寺文庫・小野文庫の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『忍頂寺文庫・小野文庫の研究』

1

忍頂寺文庫小野文庫の研究について  飯倉洋一  3  

団十郎?忍頂寺務―新出書簡をめぐって―  福田安典  7  

忍頂寺文庫蔵 市川団十郎関係書解題  衣笠泉・神明あさ子・辻村尚子浜田泰彦・篗田将樹?  17  

翻刻 忍頂寺文庫蔵 七代目団十郎の配り本二種  飯倉洋一篗田将樹  39  

資料 忍頂寺務団十郎関係論文抄  47  

忍頂寺文庫所蔵上方洒落本について  衣畑智秀依田恵美  81  

共同研究員および執筆者紹介  90

2

忍頂寺文庫小野文庫の研究」の展開 飯倉洋一(5)

魯文作『歌舞菩薩露親玉』について―八代目団十郎追善本の周辺― 山本和明(9)

三世団十郎俳書『八日目華』について―(デザイン編)― 井田太郎(17)

三世団十郎俳書『八日目華』について―(翻字解題編)― 尾崎千佳・辻村尚子(23)

『開帳おどけ仮手本忠臣蔵』考―忍頂寺文庫本を出発点として― 川端咲子?正木ゆみ(32)

忍頂寺文庫所蔵兵庫口説?について―橋づくし、お染久松?ものを中心に― 竹村明日香(52)

小野文庫忍頂寺務宛て書簡について―調査の中間報告と考察― 内田宗一(63)

忍頂寺文庫近世後期洒落本について―テキスト化の報告、ならびに安永二年再板『辰巳之園』― 依田恵美(77)

翻刻忍頂寺文庫蔵七代目団十郎の配り本三種―『遊行やまざる』『旅中腰かけざる』『なゝゑびぞ』―飯倉洋一篗田将樹(85)


表紙図版・忍頂寺文庫所蔵『開帳おどけ仮手本忠臣蔵』より

3

忍頂寺文庫小野文庫の研究―2007年度、2008年度― 飯倉洋一

忍頂寺文庫所蔵薄物唄本「尽くし物」紹介兵庫口説を中心に― 浜田泰彦

忍頂寺務による都踊口説および兵庫口説作者の伝記に関する考察 浜田泰彦

忍頂寺文庫小野文庫蔵〈追善の本〉抄 大阪大学近世文学ゼミ編

4

忍頂寺文庫小野文庫の研究―二〇〇九年度―  飯倉洋一

忍頂寺文庫一荷堂半水唄本資料紹介 浜田泰彦

『梅のたもと』翻刻 浜田泰彦

忍頂寺務による「よしこの節」考証紹介 浜田泰彦

よしこの節 忍頂寺静村

忍頂寺文庫蔵『開帳おどけ 仮手本忠臣蔵本文注釈(一)  川端咲子正木ゆみ

鳶魚と務 ―「西鶴織留輪講」をめぐる問題系―  青田寿美

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。