『平家物語の語法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『平家物語の語法』

平家物語の語法 (「國語史鎌倉時代之部平家物語につきての研究」後篇)二冊

 國語調査委員會著(同會補助委員山田孝雄擔當)大正二年刊。前編の「平家物語考」に於いて七十餘種の平家物語異本を具さに研究し延慶本平家物語が最も古い形を有して居る事を考證してその上に立って後篇なる本書では、(一)延慶本を用ふる理由、その異體字用例の異様なる文字について、(二)假名遣發音との大要(三)名詞(四)代名詞(五)數詞(六)形容詞(七)動詞(八)助動詞(九)副詞(十)接續詞(十一)感動詞(十二)助詞(十三)音便(十四)語の位格?(十五)句の結成(十六)句の用法の順序で論述して次にこれを概括して居る。その周到なる基礎研究の上に立って成された本書の國語史研究上の價値は云ふ迄もない。

亀田次郎国語学書目解題」)

近代デジタルライブラリー

第一章 序説

第二章 仮名遣発音との大要

第三章 名詞

第四章 代名詞

第五章 数詞

第六章 形容詞

第七章 動詞

第八章 助動詞

第九章 副詞

第十章 接続詞

第十一章 感動詞

第十二章 助詞

第十三章 音便

第十四章 語の位格

第十五章 句の組織

第十六章 句の用法

第十七章 概括

















書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。