『岩波講座日本語3国語問題』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『岩波講座日本語3国語問題』

岩波講座日本語3 国語問題


1 世界の言語問題国語国字問題           千野栄一

  一 世界の言語問題

  二 国語国字問題


2 日本人の読み書き能力         野元菊雄

  一 世界の中での読み書き能力

  二 読み書き能力とは何か

  三 文盲とは何か

  四 「日本人の読み書き能力

  五 ハワイ日系人の読み書き能力

  六 「国民の読み書き能力

  七 読み書き能力国字問題


3 科学技術と近代日本語             辻哲夫

  一 日本語で書かれた力学

  二 科学技術の翻訳


4 漢字の問題                  林大

  一 ことば文字漢字

  二 音訓

  三 字数    

  四 字形


5 現代仮名づかい送り仮名            林巨樹

  一 現代仮名づかいの成り立ち

  二 現代仮名づかいの行くえ

  三 送り仮名大概

  四 現代送り仮名


6 標準語の問題                  寿岳章子 

  一 標準語とは何なのか

  二 関西における標準語

  三 第二標準語としての関西ことば


7 外来語の問題                  石野博史

  一 問題は何か

  二 どれくらい使われているか

  三 送り手と受け手

  四 どれだけ理解されているか

  五 なぜ増えるのか

  六 外来語の問題点


8 新聞用語放送用語               菅野謙

  一 新聞用語放送用語への要請

  二 わかりやすいことば

  三 正しいことば

  四 読者・視聴者個々人に対する配慮


9 国語国字問題の由来               武部良明

  一 問題点と時代区分

  二 問題意識の発生幽

  三 教育面をめでって

  四 国語政策への発展

  五 現代表記成立

  六 現代表記の再検討

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。