『岩波講座日本語10文体』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『岩波講座日本語10文体』

1 日本語文体             築島裕

  一 「文体」の語義と研究史概観

  二 奈良時代(八世紀)まで

  三 平安時代(九世紀から一二世紀まで)──その一──

  四 平安時代──そのニ──

  五 鎌倉時代(一三世紀から一四世紀まで)

  六 室町時代以後(一五世紀以降


2 漢文体              大曾根章介

  一 奈良時代文章

  二 平安時代文章

  三 鎌倉・室町時代文章

  四 江戸時代文章


3 漢文訓読体                   小林芳規

  一 漢文訓読訓点資料

  二 仮名字体変遷

  三 ヲコト点の発達と固定

  四 漢文訓読文変遷──仏書──

  五 漢籍訓読とその沿革

  六 『日本書紀古訓の性格

  七 普通文の源流


4 記録体          峰岸明

  一 緒言

  二 読法

  三 表記

  四 語彙

  五 文法

  六 文体

  七 沿革

  八 結語


5 仮名文              岡村和江

  一 仮名文とは

  二 仮名文の源流

  三 初期の仮名文

  四 完成期の仮名文


6 和漢混淆文                   山田俊雄

  一 「和漢混淆文」とは 

  二 「和漢混淆」と「和漢混淆文

  三 「和漢混淆」の意義


7 抄物文               大塚光信

  一 抄物とは

  二 抄物


8 言文一致体                   山本正秀

  一 「言文一致」という語の起源と語義

  二 言文一致の由来と言文一致運動の時期区分

  三 啓蒙思想家らの言文一致提唱と試み

  四 近代小説の発生と言文一致

  五 言文一致の復活

  六 『言語学雑誌』グループと四つの言文一致会

  七 近代口語文体の確立


9 現代の文体                林四郎

  一 三五年をへだてた二つの新聞記事から

  二 文語の残り方

  三 現代語準体言と括かのことば

  四 現代文に窃廿る括り方の諸相 

  五 現代文章の多レベル性


10 現代の文体研究               安本美典

  一 文体とは何か

  二 文体研究巴統計的方法

  三 因子分析法

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。