『岩波文学』1956.5

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『岩波文学』1956.5

1956.5

VOL.24


翻訳文学

はじめに          編集部(1)

世ノ翻訳先生ニ告グル文      植木枝盛(2)

聖書和訳史とその文学的影響    笹淵友一(3)

翻訳文学の問題――『ファゥスト』翻訳をめぐって 道家忠道(20)

『ハムレット』の翻訳      小津次郎(31)

二葉亭のツルゲーネフものの翻訳について 木村彰一(41)

フランス文学の功罪           杉浦明平(50)

近古に於ける語頭濁音の「候ふ」     吾郷寅之進(60)

祝詞の形成一三~五世紀の基本的な問題をめぐって 吉田義孝(71)


《日本の文芸雑誌

 『屋上庭園』              野田宇太郎(93)

 『白樺』              中谷博(98)

 『芸文』             宗政五十緒(106)


【動向】

ことばブーム意味するもの   上甲幹一(111)


《書評》

市古貞次著『中世小説の研究』 岡見正雄(114)

民話の会編『民話の発見』   宮本常一(117)

野間宏文学の方法と典型』 祖父江昭二(120)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。