『山口幸洋博士古希記念論文集 方言研究の前衛』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『山口幸洋博士古希記念論文集 方言研究の前衛』

ISBN:9784903351568


前衛派 山口幸洋さんの研究について 真田信治

現代日本標準語成立流布を考える 三河ルーツ説 山口幸洋

ある台湾人における言語生活の道程 その素描 真田信治

四国方言における禁止表現禁止表現行動 岸江信介

日本語受動表現文法か 丹羽一彌

漱石作品における「てしまう」「ちまう」「ちゃう」  田島優

   『行人』を中心として

言語接触論者から見た山口幸洋言語研究 ダニエル・ロング

若年層にみる最近の福岡方言の動き 二階堂整

自然会話における共通語アクセント方言アクセントの併存 村中淑子

静岡方言の文法語彙 山口幸洋博士による解明とその継承 大西拓一郎

四日市市における遊びことば分布 若年層千人調査から 余健・岡田愛弓

言語行動の多様性に関する研究の射程 西尾純二

樺太方言北海道方言の関係に関する一考察 朝日祥之

   サハリンの現地調査資料を手がかりとして

文末詞「ガ」の対照の試み 松丸真大

富山市方言における用言アクセント 小西いずみ

   終止連体形音調交替を中心に

アクセントの切換えにおける中間方言形の形成 阿部貴人

日本語地域方言と海外「日本文化教育 市島佑起子

   中国黒龍江省での事例からみる、社会言語学的な日本語地域方言教育について

談話研究 その従来の視点と将来への展望 亀山大輔

談話からみる徳島県のアスペクト表現の今昔 津田智史

気づかれにくい方言「それで」 沖裕子

名古屋方言話者言葉の変化と言葉に対する意識 太田有多子

愛知県岡崎市方言談話資料 久木田恵

人類学、考古学日本語アクセント分布とどう関わるか 杉崎好洋

標準語との接触による地域語の変容と話し手の意識の類型化 高木千恵

  関西と奄美の事例をもとに

大阪方言アクセントの変遷に関する一考察 武田佳子

  高起無核化現象を中心にして

雲伯方言地域における特徴的な方言形式について 都染直也

  JR山陰本線グロットグラムに見る「ダヘン」「ガン」「コラン」「ダニカン・タニカン」

方言形成における「伝播」と「接触」 日高水穂

方言イントネーションの記述について 木部暢子

女性器の方言にみる列島の地域史 方言分布論序説 中井精一

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。