『小説文語繡錦』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『小説文語繡錦』

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/864877

明治25年

小説文語繡錦序 明治廿五年四月一日東京墨水の涯。蘆荻多處の漁夫 七十八翁 醉多道士識

凡例 明治廿五年五月一日 醉多道士再識

小説文話

 小説の目的

 小説家の須要

 小説の体裁

 客観体

 叙事体

 速記

 言文一致体

 理想体

 小説の人物

 現今小説の難儀

 現今小説の容易

 佛語

 小説文字

 符牒

 符号

覊旅門

遊覧門

快楽門

悲哀門

貧苦門

美人門

閨怨門

恋情門

人倫門

滑稽

舞楽門

惨状門

釈教門

無常門

雑門

俗語通訳

 本項は俗語を唐山小説文字に充當せしめていろは分と為し之を便にす

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。