『富士谷成章全集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『富士谷成章全集』

  竹岡正夫

  風間書房 昭和36-37 2册

上卷

語學

 かざし抄     稿本あゆひ抄

 あゆひ抄     よそひ本抄

 萬葉類語

歌學

 換玉帖       起情指揮

 五級三差      安永七年詠草

 六運略圖      七體七百道

 七夕三十五番歌合  催馬樂三歌の事

下卷

歌文篇

 明和五年月令    月次和歌末卷

 懐紙和歌殘簡    家父遺詠拔萃

 北邊和文集     富士谷成章和歌書式

漢詩

 初代北邊先生眞蹟三先生詩稿

 三先生一夜百詠   吟候社詩稿

 此君泉銘

雑篇

 假名札五式     かなふだ新五式

 非なろべし〔附「南留別志」抄〕

 打聞       白菊奇談

 北邊隨筆所收成章遺稿

 北邊二世藏書目

付篇

 助字詳解總論    奥呂九ケ條傳

 脚結抄増補

研究篇

 第1部 富士谷成章の著作

 第2都 富士谷成章の學説

 富土谷成章年譜

富士谷成章とその學説に關する研究參考文獻

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。