『女の本』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『女の本』

『女の本 若き友におくる民俗学

女性民俗学研究会編

序 柳田國男 /


村の人と都會の人 瀬川清子

 都會の人に / 1

 村の人に / 10


池田弘子「村の言葉」


きものの中から 加藤百合子 /

 ナナトコギモン / 39

 モノモラヒの治し方 / 40

 模樣のない布 / 43

 むすび玉 / 44

 針の運び / 45

 弱い純綿 / 46

 明日はよい日 / 48

 モンペの兄弟 / 52

 マヘカケジヨウモン / 54


家政を見なほす日 瀬川清子 /

 はしがき / 57

 主食物の變遷 / 58

 食ふ心 / 66


食べ物のこと 丸山久子 /

 節供 / 71

 晴の日と常の日 / 73

 御飯になるまで / 76

 固かつた食物 / 78

 昔の主食物 / 80

 おかずのこと / 82

 食物の力 / 84

 一つ鍋の飯 / 86

 新しい國學 / 88


村のすまひ 能田多代子 /

 郷里と家 / 91

 村々の起り / 93

 村長の家と火貰ひ / 97

 舊家の氏神祭り / 105

 子供の遊び 丸山久子 /

 おでんやごつこ / 115

 祭の日まで / 120

 三月三日 / 124

 野外の食事 / 130

 おままごと / 132


嫁入る日まで 加藤百合子 /

 理想と現實 / 137

 光に向つて / 140

 花嫁の晴衣 / 142

 早い嫁入 / 144

 娘のグループ / 147

 仲人の役 / 149

 お見合がすんで / 151

 行く末の爲に / 153


唄と踊 瀬川清子 /

 盆踊のいろいろ / 157

 踊る心 / 158

 祖先の力 / 164


文學のふるさと 池田弘子 /

 昔話の流れ / 169

 爐端のはなし / 177

 昔話の姿 / 181

 昔話の傳承と役目 / 185

 昔話文學 / 189


傳説について 石原綏子 /

 傳説歴史 / 193

 傳説の特質 / 197

 椀貸淵の傳説 / 202

 阿蘇沼の傳説 / 205

 傳説民俗學 / 207


あとがき 池田弘子 /

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。