『太田善麿先生古稀記念国語国文学論叢』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『太田善麿先生古稀記念国語国文学論叢』

古事記訓みの再検討(西宮一民) 

古事記表記と「経律異相」(瀬間正之) 

日本書紀区分論について 仮名の本文校異による確認(林勉)

万葉集における「ひかり」と「かげ」 (畠山豊) 

いわゆる接頭語「うち」の意味 源氏物語枕草子・夜の寝覚の用例について(関一雄)

鹿持雅澄用言変格例』考(宮腰賢) 

熟字」の諸相  『好色五人女』の場合(荒尾碵秀) 

文法論文章論に関する一考察 国語教育の立場から(大熊徹) 

太田善麿先生略年譜 

太田善麿先生著書論文等目録


ほか

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。