『大分県史 方言篇』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『大分県史 方言篇』

平成三年三月三十一日発行

編集責任者 松田正義


     凡例

序章 松田正義

  一 二豊(大分)方言の位置

  二 府県史における「方言」の位置

   (一) 市町村史と方言

   (二) 府県史と方言

  三 大分県史「方言篇」の構成


第一章 大分方言の概観

 第一節 歴史と研究史 松田正義

    一 方言とは 定義・発生・要因

    二 歴史と研究史

     (一)上代(上古大和~奈良時代)

   (二) 中古(平安時代)

   (三) 中世(近古院政・鎌倉・室町時代)

   (四) 近世(江戸時代)

  三 研究の現状

   (一) 明治大正

   (二) 昭和前期(終戦まで)

   (三) 昭和後期(戦後)

 第二節 方言区画 松田正義

  一 大分県方言の区画

  二 方言

   (一) 呉崎方言

   (二) 諏訪津留方言

 第三節 音声音韻アクセント 小野米一

  一 音節表・特色音節

  二 音変化

  三 語アクセント

  四 文アクセント

 第四節 文法 小野米一

  一 主部

  二 述部

   (一)敬語法

   (二)断定表現

   (三)打消表現

   (四)推量表現

   (五)命令・依頼の表現:

   (六)使役表現

   (七)願望の表現

   (八)受身表現

   (九) 可能表現

   (一〇) 叙態

    (一一) 動詞活用

   (一二) 形容詞活用……:

  三 修飾

   (一)対格

   (二) 方向格

   (三) 連体格

   (四) 順擯

   (五) 逆接

   (六) 限定

   (七) 列挙

  四 文末

 第五節 語彙 小野米一

  一 方言語彙

   (一) 方言・狸言・語彙

   (二) 方言共通語

   (三) 方言地域語

   (四) 方言生活語

  二 共通語との対比

   (一) 同形・同意味

   (二) 同形・異意味

   (三) 異形・同意味

   (四) 異形・異意味

  三 地域的な違い

   (一)全国的分布

   (二) 西日本分布i関西文化圏-

   (三)九州地域分布

   (四)周圏的分布

   (五)大分県分布

   (六)県内分布の諸相

  四 生活語

   (一)語彙分野

   (二)風の語彙

   (三)性向語彙


第二章 広域調査

 第一節 全県調査 二階堂整

    一 調査方法等

    二 地域差について

     (一)南北型(準南北型)

     (二)極西型(準極西型)

     (三)四分型

     (四)西北部型

     (五)極南型

     (六)東部型

     (七)南型

    三 世代差について

     (一)方言がよく残っているもの

     (二)共通語形の増加

     (三)別の方言語形が増加しているもの……:

     (四)やや方言形が残る項目

    四 各項目について

 第二節 岡・臼杵藩境と言語境界線 伊東敏明

    一 調査の概要

    調査のねらいと調査地点

     調査方法と調査項目

    二 調査の結果

      語彙

      語法

 第三節 二豊国境の言語境界線 松田正義

    一 調査概要

      調査地域と地点

      調査項目

      調査方法・話者・調査者

    二 語彙

    三 文法

    四 発音

    五 むすび 等語線の束


第三章 変遷調査

 第一節 若年層アクセント変容 二階堂整

    一 調査方法

    二 大分県アクセント

    三 大分市のアクセント

    四 玖珠町のアクセント

    五 日田市のアクセント

 第二節 動詞変遷 種友明

  一 はじめに

  二 大分方言における動詞活用変化の実態

  三 大分方言における動詞連用形

  四 むすび

 第三節 語彙変遷1 「俚言鈔」の追跡-

  一 「俚言鈔」概説 松田正義

    編集事情

    著者自筆本=③森家本

    ペン字

    活字体

  二 著者略伝 松田正義

  三 調査語彙解説

  四 語彙変遷の実態 むすび 松田正義

 第四節 大分方言三十年の変容 日高貢一郎

  一 社会の変化方言

  二 戦後の変化をあとづける

  三 大分方言三十年の変容

    特徴的事象に見るその変容

    変化しないもの

  四 大分方言の将来


第四章 音韻各論

 第一節 アクセント 二階堂整

     一 大分県アクセント地帯

     二 調査方法等

     三 玖珠町のアクセント

     四 九重町アクセント

     五 山国町・耶馬渓町のアクセント

     六 安心院町・院内町のアクセント

     七 本耶馬渓町・三光村のアクセント

     八 院内式アクセントについて

 第二節 四つがな弁 柴田武

     一 日田の四つがな

     二 「四つがな」の名称と「四つがな弁」 …-…

     三 「じゃじゅじょ」「ぢゃぢゅぢょ」

     四 一九六五年ころの日田地方

     五 「三つがな弁」「二つがな弁」「一つがな弁」

     六 全国的視野から

 第三節 三行弁

  一 三行弁とは 松田正義

  二 北海部郡佐賀関半島の三行弁 松田正義

   調査の概要

   調査結果の分析

   むすび

  三 大分市小森集落の三行弁 亀野篤

   調査の概要

   調査結果の分析

   むすび

  四 三行弁対策 松田正義

 第四節 開合連声・その他・…

  一 開合

   開音合音

  名詞

  「名詞+を」

  四動詞

  形容詞

  二 連声

  連声とは

  「ン+を」

  「ン+は」

   「ン+ヤ行音

  三 サ行イ音使

  四 ワ音退化


第五章 文法各論

 第一節 可能表現 日高貢一郎

    一 共通語可能表現

    二 九州方言可能表現

    三 大分方言可能表現

    四 可能表現の「三区分」

    五 「三区分」の分布

    六 「三区分」の今後

    七 今後の課題

 第二節 助動詞 戸口茂美

    一 助動詞の分類と用例

    二 各表現法にみる助動詞の特色…:

     尊敬表現法にみる特色

      打消表現法にみる特色

      存続・進行表現法にみる特色:

 第三節 主格のイ助詞 切石文士

  一 イ助詞について

  ニ イ助詞の調査および分布

  三 イ助詞の推移とその使われ方…-

    音韻的制約

    語彙的制約

    語法上からみたイ助詞

  四 イ助詞正体

  五 イ助詞の環境

    地理的環境

    政治・社会的環境

  六 イ助詞記録されている文献:

  七 今後の課題

 第四節 主格のグ助詞 松田美香

  一 グ助詞について

  ニ グ助詞分布

  三 グ助詞の使われ方

   音韻的制約

    語彙的制約

    文法的にみた場合

  四 グ助詞の起源と将来

    グ助詞の発生と豊後浄瑠璃

    グ助詞の将来と課題

 第五節 文末詞

  一 本来の文末詞

    ナ行音文末詞

    ヤ行音文末詞

     日 ザ行音文末詞

     四 カ行音文末詞

    二 転成文末詞

      助詞文末詞

      助動詞文末詞

      動詞文末詞

     四 名詞文末詞

      代名詞文末詞

     副詞文末詞


第六章 語彙各論

 第一節 地名・姓氏と方言 梅木秀徳

    一 訛り当て字

    二 分布地域性

    三 消えて行く地名

    四 姓の地域性

 第二節 動植物と方言 菊屋奈良

    一 動植物名について

    二 コガネグモの方言変化

 第三節 昔話方言 土屋北彦

  一 母の昔話

    「ふるやのもり」の方言

    「吉四六ばなし」「吉吾ぱなし」の方言

    民話と文学

  二 重安アサヱの語り

    その生い立ち

    出会い

    方言の展開

  四 重安アサヱの昔話方言

 第四節 民謡方言 加藤正人

  一 大分県民謡

  二 民謡歌詞方言

   労作歌

   祭り歌・祝い歌

    踊り歌

   四 盆踊り「イレコ」

   座興歌

  三 わらべ歌の歌詞

    子供らしい方言

    意味不明の歌詞

 第五節 しゃれことばことわざ 仲村和夫

  一 しゃれことば

      地名人名にかかわるもの

      衣食住にかかわるもの

      人体や気質にかかわるもの

     四 生活や人事にかかわるもの

      その他

  二 ことわざ

     地域の特色

     迷信・縁起

      方言の特徴をとらえたもの

     四 大分方言でもじったもの

      天気占いと農漁業

      その他

 第六節 家号と方言 染矢多喜男

    一 一般の家号

    二 旧家の家号

     日田地方

      浄土真宗地帯


第七章 特論(1)

 第一節 形容詞表現 鏡味明克

  一 形容詞語構成

    単純形容詞語構成

    複合形容詞派生形容詞

  二 形容詞と他の品詞

    形容詞形容動詞

    疑似形容詞

    形容詞の限定用法

  三 形容詞意味世界

    形容詞意味連鎖

    共通語方言

    生きている古語

 第二節 大分方言の味 高田一彦

  一 ヨダキー・ダイー・シンドイ

  ニ ゴテーシン・ズーシン・ホネヌヒト

  三 ズツネー・セチー・グーネー

  四 ケシカラン・シンケン・シッカリ

  五 ガトー・ガイナ・バサレー

  六 イビシー・ウタチー

  七 ゾ(ド)ークル・ヒョーグル・ソバユル……

  八 ソークル・ソーツク

  九 イラブカス・イレクル・石ヲヒク

  一〇 ガマル・オチョクル・モドカス・オコツル

  一一 セラウ・セライゴ・ショネム

  一二 ワレ・オマエ

     〈付〉 要注意の大分方言

 第三節 大分方言の優等生 松田正義

    一 優等生とは

    二 易しく分かりやすいことば・…

    三 正しく確かなことば

    四 無駄なく豊かなことば

    五 美しく快いことば


第八章 特論(2)

 第一節 文芸大分弁 松田正義

    一 貧しい大分弁文芸

    二 作品大分弁

    三 『海神丸』と大分弁

      異本

      角川本と文庫本

      敬語の使い方

      誤記・誤用の種々相

      作者方言環境

      角川本の誤記

    四 「方言文芸」の発生を促す一

 第二節 豊後浄瑠璃 松田正義

  一 豊後浄瑠璃の性格

  二 豊後浄瑠璃と仙台浄瑠璃 源流

  三 異本定本 平成決定版

 第三節 あいさつことば 阿南光彦

  一 天候に関するあいさつことば

  二 暑さ・寒さのあいさつことば

  三 他家訪問時のあいさつことば

  四 通りがかりでのあいさつことば

  五 食べ物をすすめるあいさつことば

  六 辞去のあいさつことば

  七 労働のあいさつことば

  八 悔やみ・見舞いのあいさつことば

  九 お祝いのあいさつことば

  一〇 その他

 第四節 国語教育方言 松田正義

  一 方言共通語との対応

    標準語を目指す

    「ことば規範」を身につけること

    言うべきことを堂々と言えるような人間を育てたい

   四 共通語方言との対応関係を押えること

  二 語彙文法の指導

  三 発音の指導

  四 アクセントの指導

     (一)基本節のアクセント

     (二)派生節のアクセント

     (三)指導法

     (四)イントネーションプロミネンス


第九章 めぼしい方言六〇〇選 松田正義


第一〇章 大分県方言文献目録。 松田正義二階堂整


  あとがき

  索引 二階堂整

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。