『大修館/全訳古語辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『大修館/全訳古語辞典』

古語辞典

大修館書店

林巨樹

安藤千鶴子

編集委員 江野沢淑子・北村弘明・瀬戸仁・新田治子

初版第一刷発行 二〇〇一年十一月二十日

初版第二刷発行 二〇〇二年四月一日

初版第一刷 二〇〇一年十一月二十日

初版第三刷 二〇〇三年四月一日

大修館 全訳古語辞典

大修館 全訳古語辞典


本文および囲み・図版での項目、18000余

事典および付録での項目、1000余


教科書大学入試問題等に現れる頻度をもとに、現代語との意味の差などの要素を加えて、一〇〇〇余の最重要項目、四五〇〇余の重要項目を設定した。


はじめに 平成十三年十月 i-ii

この辞典編集方針と特色 ⅲ-ⅶ

略号・記号一覧 ⅷ

古語ウォッチング一覧 ⅸ

主要助詞助動詞一覧 ⅹ

本文 あ【足】〜んずらん 1-1024

事典(pp.1025-1082)のうち語学的なもの

東鑑体吾妻鏡体

天地の詞?

伊呂波歌

往来物

係り結び

仮名

カリ活用

擬古文

ク語法

訓点

五十音図

上代特殊仮名遣い

宣命書き

草子地

促音便

尊大表現

体言止め

濁音

てにをは

日葡辞書

撥音

半濁音

梵語

万葉仮名

拗音

歴史的仮名遣い

連語

連声

連濁

和漢混淆文

和訓栞

倭名類聚抄

ヲコト点乎古止点


付録

現代語で引く古語類義語集 pp.1083-1094

解釈のポイント pp.1095-1097

主要品詞活用

位相当表

旧国名地図

主要出典略称一覧

ああ

あいぎゃう

あいぎゃうづく

あいす

あいなし

あが

あかし

あかす

あかず

あかつき

あかとき

あからさま

あからめ

あがる

あきらむ

あきる

あく

あぐ

あくがる

あざける

あさし

あさはか

あさまし

あざむく

あざやか

あし

あした

あそばす

あそび

あそぶ

あだ

あたはず

あたらし

あたらし

あたり

あたる

あぢきなし

あつ

あづかり

あづかる

あっぱれ

あて

あと

あな

あない

あなかしこ

あながち

あなかま

あなづる

あなや

あなり

あはす

あはれ

あはれ

あはれぶ

あひ

あひしらふ

あひみる

あふ

あへしらふ

あへず

あへて

あへなし

あま

あます

あまた

あまり

あまり

あまり

あめり

あやし

あやしむ

あやなし

あやまち

あやまつ

あやまる

あらがふ

あらなくに

あらぬ

あらは

あらはす

あらはる

あらぶ

あらまし

あらまし

あらます

あらまほし

あらまほし

あららか

あり

ありがたし

ありく

ありつく

あるじ

いう

いうげん

うそ

いか

いかが

いかし

いかに

いかめし

いかる

いさ

いざ

いざなふ

いさむ

いそぎ

いそぐ

いたく

いだく

いたし

いだしたつ

いたす

いだす

いたづら

いたはし

いたむ

いたる

いちもん

いかう

いづかた

いつくし

いづこ

いつしか

いづれ

いでたつ

いでます

いと

いとど

いとなみ

いとなむ

いとほし

いとま

いどむ

にしへ

いぬ

いのち

いはけなし

いはふ

いひあはす

いひかはす

いひけつ

いひごと

いひしろふ

いひつく

いひなす

いふ

いふかひなし

いぶせし

いへ

いほり

いまいまし

いましむ

いましめ

います

いますがり

いまめかし

いみじ

いむ

いも

いやし

いりたつ

いる

いろ

うかがふ

うかぶ

うかる

うきよ

うく

うく

うけたまはる

うし

うしなふ

うしろ

うしろみる

うしろめたし

うす

うすし

うそぶく

うたた

うたて

うたてし

うち

うちあぐ

うちあふ

うちいだす

うちいづ

うちかへし

うちかへす

うちつけ

うつくし

うつし

うつす

うつつ

うつはもの

うづむ

うづもる

うつろふ

うとし

うとまし

うとむ

うひうひし

うへ

うまし

うもる

うらなし

うらむ

うるさし

うるはし

うれふ

うれへ

えん

えん

おいらか

おきつ

おきて

おきな

おく

おくる

おくる

おこす

おこす

おこたり

おこたる

おこなひ

おこなふ

おしたつ

おしなぶ

おす

おつ

おとしむ

おとづる

おとなし

おとなふ

おどろおどろし

おどろかす

おどろく

おに

おのが

おのづから

おのれ

おはさうず

おはします

おはす

おひいづ

おびたたし

おふ

おぼえ

おほかた

おほかた

おぼし

おほす

おほす

おぼす

おぼつかなし

おほとのごもる

おぼめく

おほやけ

おぼゆ

おぼろけ

おまへ

おもかげ

おもし

おもしろし

おもて

おもと

おもひ

おもひおく

おもひおこす

おもひかく

おもひはつ

おもひやる

おもひよる

おもひわぶ

おもふ

おもほしめす

おもむく

およぶ

おりゐる

おる

おろか

おろす

おろそか

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。