『国語論究8国語史の新視点』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語論究8国語史の新視点』

明治書院

2000.11

国語史の新視点 (国語論究)

国語史の新視点 (国語論究)

安部清哉日本語史研究の一視点

柳田征司「方向格助詞「サ」・目的格助詞「バ」・形容詞終止形連体形活用語尾「~カ」の方言分布

坂詰力治国語史中世語法から見た京都大学近衛本『撰集抄』について」

勝田耕起接尾辞バムの意味用法

小林賢次「南大路家旧蔵和泉流狂言台本とその翻刻本文について」

蜂谷清人説経節「さんせう太夫」諸本の人物呼称をめぐって」

小林千草国語史注釈試論『大かうさまぐんき』〈北条氏政の最後〉」

新野直哉「近年の、「"全然"+肯定」関係の文献について」

田島毓堂語彙史記述の方法論への提言」

西崎亨「独草体の伝播と平仮名

金水敏役割語探求の提案」

湯沢質幸近世儒学における唐音

佐藤稔「「名乗り字」からの逸脱」

村上雅孝「『応氏六帖』と『漢字和訓』」

佐藤喜代治和刻本漢書』の和訓 続考」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。