『国語論究4現代語・方言の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語論究4現代語・方言の研究』

明治書院

1994.2

ISBN:4625520649

井上史雄「「尻上がり」イントネーション社会言語学

仁田義雄述語主語補語をめぐって」

石神照雄一語文の原理と文の類型」

斎藤倫明語構成論から見た語の本質文法論から見た語の本質

迫野虔徳上代東国方言特殊仮名遣い」

川本栄一郎「津軽と南部のことば

佐藤武義江戸時代末期の越後新発田藩の方言

大橋勝男「方言語用論

下野雅昭「名古屋市アクセントの動向」

室山敏昭「山陰地方の風位語彙に関する一考察」

丹保健一形容詞多義語に見られる多義意味分布について」

真田信治「ある個人における理解語彙量の累進パターン」

柴田武外来語におけるアクセント核の位置」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。