『国語論究3文章研究の新視点』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語論究3文章研究の新視点』

明治書院

1991.10

ISBN:4625520630

山口佳紀万葉語の語性

佐藤宣男助動詞「たし」の用法

近藤明助詞助動詞から見た梵舜沙石集文章

村上雅孝近世初期における伝文の体の訓読と「ゾ」」

佐藤亨明治前期口頭語における文末語」

前田富祺書簡文文章構造

佐藤武義漱石文体

平林文雄山本有三小説における物語文体

中村邦夫「『細雪』における文章表現の特色」

半沢幹一比喩理解過程の表現論的分析」

佐藤喜代治「『色葉字類抄』続考略第三」

佐藤和之「変容方言-「なくしよう」は方言か」

作文初問山県周南著(複製)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。