『国語語彙史の研究』6

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』6

「暮らし」の世界 壽岳章子

至尊をさす「御」―その名詞用法吉野政治

短歌末の語彙和歌語彙 秋本守英

複合形容詞の形成と継承―平安時代散文作品における― 松浦照子

「あしずり」語誌糸井通浩

源氏物語の「ひかり」「ひかる」「かかやく」 河添房江

近世文献に見る「背負う」「かつぐ」の一類をめぐって 蜂谷清人

韓国語に入った日本語 李漢燮

橋本進吉時枝誠記両博士と国語辞典編集 根来司

栄花物語』における女房装束の語彙をめぐって 前田富祺

世界商売往来用語総索引 飛田良文村山昌俊

連歌分類語彙表(体の類)試案―宗祇関係千句連歌七種による― 山内洋一郎

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。