『国語語彙史の研究』4

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』4

接頭語「うち」の消長 阪倉篤義

作品の語彙の偏りを測る 田中章夫

上二段活用所属動詞群の史的傾向―古代語上二段から近代語上一段への展開を通して― 阿部健二

源氏物語敬語法素材素材との関係規定の意味するもの― 根来司

枕草子能因本の性格 沢田正子

日葡辞書』の歌語―その性格と時代性― 片桐洋一

室町時代の通俗語辞書 今西浩子

タテ・ヨコの基本的意義 岩野靖則

前田富祺「漢語副詞の変遷」

枕草子総索引』補綴 中川正美

宗安小歌集総索引 山内洋一郎

芥川龍之介『羅生門』・『鼻』本文と総索引 前田富祺李漢燮

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。