『国語語彙史の研究』35

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』35

国語語彙史の研究

2016.3

国語語彙史の研究三十五

国語語彙史の研究三十五

特集――コーパス語彙史

 古典語研究におけるコーパス検索と言語構造との関係 近藤泰弘

 使用頻度から見た中古仮名文学作品語彙コーパスにもとづく分析― 小木曽智信

 中古語複合形容詞[名詞+評価形容詞]の一語性 池上尚

 文が長くなる要因―「尾張国解文」を例に― 冨士池優美

 近代における「期待」の基本語化 ―雑誌コーパスによる記述― 田中牧郎

 『国民之友コーパス』を利用した近代文語文に 出現する一人称代名詞の計量的分析 近藤明日子

 『上方はなし』コーパスを通してみる京阪方言語彙近世上方語及びナラン・イカン・アカンの諸相― 竹村明日香

 「英霊」の語誌 利岡真帆

 近代における時間語彙 ―「最近」と「近時」を中心に― 山際彰


接尾語カ・ク・コ[処] 蜂矢真郷

さざれ石のいはほとなりて ―語彙から見る石の一生― 吉野政治

平安時代変体漢文資料間における言語的性格の相違について 田中草大

五山博士家抄物における濁音形〈候 ゙〉について 山本佐和子

画咄作品群の資料性 ―「文字と絵」の研究にむけて― 乾善彦

諳厄利亜語林大成』の語釈 今野真二

昭和戦前期の総合月刊誌における言語規範意 識研究資料―「現代語考」(一九三五)― 新野直哉


語彙索引

人名書名・事項索引



前後

『国語語彙史の研究』34

『国語語彙史の研究』36

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。