『国語語彙史の研究』27

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』27

ISBN:9784757604551

特集 近代語

 三遊亭圓朝講談塩原多助一代記』のことば速記本・全集本・文庫本の比較― 山内洋一郎

 連合関係からみた明治期漢字列振仮名との結びつき 今野真二

 敬語補助動詞「~テミエル」の近現代史 江端義夫

 近世中期以降上方語関西語における打消条件句の推移 矢島正浩

 ヘボン漢字表記―『和英語林集成』「原稿」を資料として― 木村一

 物集高見日本文典』(香川大学神原文庫所蔵)について 山東功

 「ませんかった」は横浜言葉か? ―「ませんかった」の昔と今― 安田尚道

語の変容と類推語形成における変形について― 蜂矢真郷

忍耐語彙考 吉井健

複数と例示―接尾語ラ追考― 小柳智一

景戒の漢字受容―『日本霊異記』の類義字をとおして― 浅野敏彦

指示語「サテ」の歴史的用法と変化について―『源氏物語』を中心に― 岡﨑友子

今昔物語集』における漢語の連体修飾―「―ノ」と「―ナル」との関連から― 覚野吾郎

新シク型形容詞派生について―中世室町期におけるク活用形容詞からの派生を中心に― 山本佐和子

易林本節用集研究覚書六題 佐藤貴裕

語彙索引

人名書名・事項索引

『国語語彙史の研究』26

『国語語彙史の研究』28

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。