『国語語彙史の研究』24

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』24

第二十四集 2005年3月31日発行

[特集]近世語

 小松寿雄「江戸東京語の敬語形式オ~ダ」

 山内洋一郎雅俗に遊ぶことば世界近世初期俳諧『大海集』の語彙―」

 松井利彦女中ことば位相

 陳力衛「近世漢語の重層性について―対訳資料唐音和解」(1716)を中心に―」

 乾善彦書簡用語集としての『世話早学文』の語彙

 佐藤貴裕19世紀近世節用集における大型化傾向」

 浅野敏彦「『扶氏経験遺訓』巻1から巻5の漢字ことば

 丸田博之「伯楽と博労」

 今野真二明治の中の近世―「準備」と「用意」とをめぐって―」


王敏東・許巍鐘「「扁桃腺」という言葉成立について 付:関連語彙にも触れながら」

櫻井豪人「『改正増補蛮語箋』「火器」について―『海上砲術全書』との関係―」

竹内史郎上代語における助詞トによる構文の諸相」

村田菜穂子今昔物語集形容動詞語種からの分析を中心に―」

山本佐和子「キブイの意味

藤田保幸森鴎外初期言文一致体翻訳小説本文改訂から見えてくるもの」

蜂矢真郷「『長塚節歌集』の形容詞

小椋秀樹「「日本語話し言葉コーパス」の資料性形態論情報を用いた分析から―」

岸本恵実「キリシタン版『羅葡日辞書』とその原典」?

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。