『国語語彙史の研究』23

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』23

第二十三集 2004年3月31日発行

特集――中世語

日本語語彙史中世語─粗布(カコウ)・下二段動詞「漬(ヒ)ツ」・副詞「え」─ 山内洋一郎

拗音 柳田征司

セハシ(忙)の成立とセバシ(狭) 小林賢次

『神代上下抄』になくて『古活字版日本書紀抄』にある語・語句・文の性格─抄物語彙の側面を考える─ 小林千草

「おぎろ(賾)」の語史中世語の一つの流れ─ 山本真吾

コンテムツスムンヂ』の「平等なる心」について 鈴木広光

「善悪」の語史中世前期の漢字仮名交り文における名詞用法玉村禎郎

今昔物語集接続語─「而ル間」「其ノ時ニ」を中心に─ 藤井俊博


中古における不可能を表す補助動詞─カヌ・ワブ・ワヅラフ・アヘズ─ 吉井健

唐代口語・本朝漢詩文から平安古記録へ流入した語をめぐって

─登時(トウジ)・本自(もとより)・奔波(ホンパ)(奔営(ホンエイ))・等閑(トウカン)の場合─ 堀畑正臣

早引節用集の危機─明和元年紛議顛末─ 佐藤貴裕

鴎外舞姫」にみえる漢字漢字列中国近世語とのつながり─ 浅野敏彦

上代・中古に見られる形容詞派生の動詞の語基と活用形容詞における意味分類との関連を中心に─ 林浩恵

語基を共通にする形容詞形容動詞 蜂矢真郷

『国語語彙史の研究』22

『国語語彙史の研究』24

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。