『国語語彙史の研究』21

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』21

第二十一集 2002年3月発行

[小特集文字表記語彙

「ゆへ」から「ゆゑ」に 矢野準

意味派生による語形変化漢字表記―[嶮岨(けんそ)]から[血相(けっそう)]へ― 田島優

国字「𣇵」(さやけし)の周辺 乾善彦・森田亜也子

仮名文字遣と句切れ 長谷川千秋

森鴎外独逸三部作」の漢字について 浅野敏彦

ナ変動詞通時相―ナ変四段化はなかった― 山内洋一郎

ソコヒ攷 佐野宏

万葉「あが馬のつまづく」考―「タフル」の誤読解釈ということ― 吉田比呂子

「うつくし」の意味変化 中井彩子

ク活用形容詞語幹を後項に持つ形容動詞語幹 蜂矢真郷

鎌倉時代以前における「明白なり」の特色―古文書他の用例から― 辛島美絵

遊仙窟古点の一人称代名詞醍醐寺本の「ワラハ」再考― 米田達郎

耳障りになったザ行音 高山知明

子どもと節用集 佐藤貴裕

上方およびその近隣地域におけるオル系「ヨル」・「トル」の待遇化について 中井精一

『国語語彙史の研究』20

『国語語彙史の研究』22

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。