『国語語彙史の研究』18

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』18

第十八集 1999年3月25日発行

山内洋一郎教授退官記念

山内洋一郎教授の御定年に際して 国語語彙史研究会代表幹事 前田富祺

山内洋一郎著書論文目録 山内洋一郎


「おほ」(大・多)の変遷―「大きなり」「多し」「多かり」「大きい」をつないで― 山内洋一郎

沖縄方言における「木」を表す「コ~」 柳田征司

変化結果の助詞「に」と「と」の使い分け―古代語「なる」に上接する場合を中心に― 鍵本有理

古事記における補助動詞「タマフ」の用法敬語補助動詞としての文法化の一過程―(下) 森山由起子

ゲナリ型形容動詞造語力拡大の様相について― 村田菜穂子

西田隆政「指示語「かくて」と源氏物語の段落構成」

連体ナリ已然形 高山善行

古典における「いだす」「たつ」「あぐ」の用法―「抽象事」を表す語との結びつきから― 大谷伊都子

ヤク(ヤグ)・ラク(ラグ) 蜂矢真郷

今昔物語集の死亡表現翻案の方法をめぐって― 藤井俊博

「~にくし」と「~がたし」の語誌平安和文以降の状況― 漆谷広樹

「いとまのひま」 東辻保和

四段活用「とな(唱)ふ」をめぐって―『平家物語』に取り込まれた朗詠句を資料として― 信太知子

ヒキイからヒクイへ 来田隆

“ぎごは(義強)”の語史―その成立、及び、“ぎごつなし”との関わりを中心に― 橋本行洋

みぎてい・つねてい・ありてい―後項に「体(てい)」を持つ熟語群から― 岡部泰子

文節対照法による伝本関係の計量的研究―龍谷大学徒然草の場合― 木村雅則

明治初期の漢語意味 松井利彦

漢語『分散』について―戦時下の一漢語浅野敏彦

現代に生きる枕詞―“ぬばたまの”をめぐって― 前田富祺

叙実動詞引用 藤田保幸

日中両国語における「-的」について 陳誼

意味構造分析法の各分析法の紹介とその特徴 広瀬英史

否定形式との関係からみた程度副詞体系 坂口昌子

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。