『国語語彙史の研究』14

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語語彙史の研究』14

根来司教授追悼号

根来司教授を悼む 国語語彙史研究会幹事代表 前田富祺

根来司著書・論文・研究発表総目録 山根木忠勝作成

さわらびの歌―野草語彙文学性と実態と― 山内洋一郎

中古和歌名詞語彙 伊牟田經久

平安勅撰和歌集の語彙―マクロとミクロの観点から― 木村雅則

後撰集詞書の場合―仮名文生成の一段階として― 辻田昌三

蜻蛉日記の「かなし」の消長 沢田正子

源氏物語』あはれ詞考―哀・憐の文字史からみた― 藍美喜子

「あひみる」考―源氏物語を中心に― 中川正美

「とばかり(暫時)」考 坂詰力治

古代語「いと」の行方―中世における程度表現信太知子

平安女流語のその後―擬態語をめぐって― 松井利彦

カ・ク・グ 蜂矢真郷

活用形容詞からシク活用形容詞村田菜穂子

体言ナリ〉と〈連体ナリ〉の差異について 高山善行

「遊」(あそび・あそぶ)の意味とその展開―仙郷の表現と異世界の表現吉田比呂子

甦える古語―“あえか”の場合 前田富祺

朝鮮資料の成長性―捷解新語における陳述副詞呼応をめぐって― 福田嘉一郎

語彙史の立場から見た『拾遺和歌集』―使用語句の性格を統計的に見る― 西端幸雄

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。