『国語施策百年の歩み』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語施策百年の歩み』

国語施策百年の 歩み』文化庁

    平成15年3月31日発行

編集・発行 文化庁

口絵

『国語施策百年の歩み』に寄せて        河合隼雄

巻頭随想

 国語施策百年を振り返る           野元菊雄

座談会

 戦後国語施策の出発ー昭和二十年代を振り返る

   林大 柴田武 野元菊雄 斎賀秀夫  岩淵匡(司会)

論文

 国語調査委員会上田萬年          清水康行

 臨時国語調査会漢字仮名遣い       山東功

 明治から終戦までの教科書に表れた国語施策  古田東朔

 国語施策と「国字ローマ字化」問題      茅島篤?

 戦後国語施策新聞             斎賀秀夫

 戦後漢字施策国語教育           小林一仁


随想・回想

 「送り仮名の付け方」誕生          島田昌彦

 新漢字表試案から常用漢字表答申まで     林四郎

 「現代かなづかい」から「現代仮名遣い」へ  山囗佳也?

 外来語表記の審議             石綿敏雄

        *      *        *

 沖縄国語国字問題教育と         倉澤栄吉?

 当用漢字から常用漢字へ           鈴木孝夫

 二十一年間                 寺島アキ子

 戻って来た犬にはテンがなかった       林巨樹

 JIS漢字表について考える          森岡健二

 国語審議会の思い出             築島裕

 国語審議会委員九星霜 なつかしい思い出など 野地潤家

 「方言のあったかみ」            辰濃和男

 「やる」か「あげる」か           石井英夫

 小部屋の思い出               俵万智

 国語審議会を締めくくる答申をして      清水司?

資料

 国語に関する審議会等の流れ

 国語に関する審議会等名簿

 戦後国語施策の流れ

 国語施策年表

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。