『国語学論集』1

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語学論集』1

笠間書院

1978.3


愛知県アクセントの系譜 金田一春彦

「愛」((12)二八四三)の訓釈について 片山武

副詞「かう」についての小考 河内章

清少納言枕草子』の「なまめかし」をめぐって 梅野きみ子

場と話線語――「浮雲」「其面影」におけるいわゆる逆接の接続詞を中心に 清水功

国語科教材研究と授業の検討とについて――国語教育の実践的研究とは何か 酒井為久

枕草子抜書本文及び総索引 榊原邦彦

明日香井家本住吉物語翻刻総索引 武山隆昭

薄雪物語総索引 藤掛和美

『軍語摘要』本文と主要語句索引 近藤政美


執筆者紹介


後記

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。