『国語学史論叢』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語学史論叢』

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001583618/jpn

笠間叢書172

昭和57年9月20日・切版発行

笠間書院

竹岡正夫「「伏や」研究小史――成章を経て宣長まで」

小林芳規古事記訓点史」

山内洋一郎下一段動詞「蹴る」について」

東辻保和高松宮御蔵河内本源氏物語濁点語詞について」

菅野洋一「難義と秘事――「ひをりの日」をめぐって」

糸井通浩「「体用」論と「相」――連歌学における」

前田富祺「『倭字古今通例全書』の時代意義

佐藤宣男漢語文典テニヲハ――『訳文筌蹄』『訓訳示蒙』を中心に」

新川正美「「插頭題」の語学的背景について――特に漢語文典との関係など」

佐田智明助字詳解あゆひ抄――淇園助字の扱い方をめぐって」

尾崎知光富士谷成章の周辺についての覚書」

佐藤稔「『詞の玉緒』の背景」

有馬煌史「「夕の追風」における「し」「か」の意義について」

山口明穂江戸時代における已然形把握の一形式

島田昌彦本居春庭詞八衢』『詞通路』で目指したもの」

小林賢次「富樫広蔭自筆本並びに自筆書入本『詞玉橋』について」

今西浩子「『消息文例』考――その国語学史上の位置」

塚原鉄雄生川正香芭蕉文法――翁発句助辞一覧」

根来司てにをは研究史上の一問題」

資料翻刻富士谷成章自筆脚結変例竹岡正夫校. 解説竹岡正夫

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。