『国語学』243

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語学』243

『日本語の研究』第6巻4号 2010.10.1

http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AA11998386/ISS0000470300_ja.html

衣畑智秀・岩田美穂「名詞句位置のカの歴史――選言・不定用法を中心に――」

矢島正浩上方大阪語における接続詞用法ソレナラ類の推移」

李芝賢漢字[便]における字音意味の関係の形成」

韓静妍「近代以降の日本語における非情の受身の発達」

井上史雄「「お」の使い分けにみる美化語の循環過程――「お使い分け」データの解釈――」

邊姫京「5地域に見る無声化生起率の年齢的変化

丹羽哲也「相対補充連体修飾構造――準体節との対応――」

彦坂佳宣「「寒いけれども~」(『方言文法全国地図』)の解釈――逆接確定表現言語地理学的考察――」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。