『国語史への道』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語史への道』

土井先生頌寿記念論文集刊行会

三省堂

昭和56


藤原照等「古事記敬称「命」―中巻と下巻の用法

小林芳規漢書楊雄伝天暦二年点における一音節字音長音化について」

増田欣「神皇正統記と宋学―孟子を「大賢」と呼ぶこと」

東辻保和中世における「ことなり」「ものなり」表現について」

濱田敦「七つの子がある」

安田章疑問表現変遷

高見三郎抄物の諸相―『杜詩続翠抄』のことばを中心として」

柳田征司「医家の抄物

来田隆広島大学蔵『竜州鈔暮』について―洞門抄物龍洲代鈔』の写本―」

山内洋一郎「広本節用集に見える二段活用動詞の一段化について」

佐々木峻「広島大学蔵増刊節用集における特有語彙と不載語彙増刊下学集空念寺本節用集との比較を通して」

結城了悟「口之津,ヴァリニャーノを迎えた港」

チースリク,H.「イルマン・ヴィセンテ洞院」

かめいたかし「愛語愛言のたましいのために」

鈴木博オ段長音開合存疑例―アイソウ・ヒナタボツコウ・ボウボウト」

清瀬良一天草版平家物語本文の形成―名詞視点にした場合―」

大塚光信「アヤカシとアヤカリ」

森田武日葡辞書の太平記引用文について

木原茂辞書における語の意味の記述について―室町時代語における「あひ」「あはひ」「あひだ」の場合」

井上親雄「「奉れ給ふ」の用法―文を贈る場合」

藤原与一方言学志向」

愛宕八郎康隆生活語音考―長崎地方の撥音化現象について」

神部宏泰「肥前佐賀方言主格表現法―主格助詞「ノ」「ガ」の用法について」

佐藤虎男方言敬称接辞法―伊勢一小方言敬意表現法」

神鳥武彦「述部における敬態表現法―広島市西区古江・田方(旧古田町)の場合」

室山敏昭中国地方方言における性向語彙地域性―「誇大家」の意味分野について」


下巻

蔵野嗣久「真如蔵旧蔵本雑筆集について」

酒井憲二甲陽軍鑑写本について」

蔵野嗣久「土井先生蔵『日用月用能毒之捷径』について」

湯之上早苗「『当世連哥しかるべき詞』について」

松井利彦奥書をもつ女中ことば集」

友久武文「翻刻土井先生蔵『法蔵比丘』(燈台鬼)」

横山邦治資料紹介「貞操常盤廼松」(文政十年序)について」

稲賀敬二芳賀矢一講「文学史聞書ノート・資料紹介

Boxer,C.r. The Vocabulario of 1603 in a World context

Joseph F.Moran Valignano in Japan 1580

Michael Cooper Rodrigues in China The Letters of Joao Rodrigues,1611-1633

土井忠生「女中言葉

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。