『国語の自学』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語の自学』

玉川学園高等部

国語研究室

はしがき 昭和二十七年つつじ咲く頃

上の巻 個我の発見

人間と言葉ことばの生活より)

かどでの歌(近代詩鑑賞 吉田精一著より 藤村詩集自序より)

ロマンティシズム(ロマンティシズム 山元都星雄著より)

憧憬《あくがれ》(堀辰雄作 姨捨より)(更級日記

言葉への回顧

 敬語敬語法 江湖山恒明著より)

 婦人語婦人語の研究 真下三郎著より)

 俗語俗語の考察 浅野信著より)

兼好のこと(「文学序説」 土居光知著より)序段・第七段・第十一段・第十九段・第八十四段

旅の心(へんろう宿 井伏鱒二著より)

架空の世界文学入門 桑原武夫著より)

中の巻 個性の伸展

表情の芸術(「能面とギリスヤ面」、新関良三 国文学解釈と鑑賞二三、二)

歌舞伎美(歌舞伎美論 岸田劉生著)

平安印象国文学史講話 藤岡作太郎著より)

枕草子抄枕草子通解 金子元臣著より)

辞の変遷国語の知識 乾輝雄著より)

祈り愛と認識の出発 倉田百三著より)

詩三篇(近代詩鑑賞 吉田精一著より)(木下杢太郎「該里酒」、高村光太郎「秋の祈り」、萩原朔太郎「猫」) 

創作鑑賞文学論 工藤好美著より)

もののあはれ改訂日本精神史研究 和辻哲郎著より)

下の巻 人間の形成

永劫(芭蕉論 野口米次郎著より)

生きる道(哲学とは何か 弘文堂発行より)

源氏物語

完全なる解釈古典読み方 池田亀鑑著)

悲願(三太郎の日記 阿部次郎著より)

人と作品作家論(一) 福田恒存著より)

新しき知性(現代文学 文学講座、伊藤整 より)

万葉の浪漫的心情(万葉の精神 中河与一著より)

美の形成(文学概論 本間久雄著より)

心情の交り(文学ノート 大山定一著より)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。