『国語と国文学』47-10「国語史研究」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『国語と国文学』47-10「国語史研究」

『国語と国文学』47-10

1970

かめいたかし「《「こくご」とはいかなることばなりや》 ささやかなるつゆばらいのこころをこめて」 1

阪倉篤義「開いた表現」から「閉じた表現」へ 国語史のありかた試論」 22

山口佳紀言語と認識との交渉に関する一試論 語形成史の展開をめぐつて」 36

小林芳規上代における書記漢字体系」 

鈴木一男点本の原初形態とその補読の実字点について」 

こまつひでお平安末期における漢音の一断面」 

渡辺修類聚名義抄の「呉音」の体系」 

西田直敏中世国語命令表現 『平家物語』を中心に」 

奥村三雄平曲譜本に反映したアクセント 京大本平曲正節を中心として」 140

坂梨隆三近松世話物における二段活用一段活用」 157

佐藤喜代治「頼山陽の書簡に見える漢語について」 174

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。