『品詞別日本文法講座10品詞論の周辺』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『品詞別日本文法講座10品詞論の周辺』

第10巻

1973.6

明治書院



洋文典品詞論 松村明

 一 洋文典とは

 二 キリシタン版日本文典

 三 十九世紀における欧米人日本文典


古辞書における意義分類の基準 築島裕

 一 本邦初期製作の辞書における意義分類

 二 『和名類聚抄』における意義分類

 三 『和名類聚抄』の意義分類の源流

 四 漢詩文集・歌論書における意義分類

 五 『色葉字類抄』の意義分類

 六 『字鏡集』の意義分類

 七 結語


辞書における品詞表示 松井栄一

 一 はじめに

 二 『和英語林集成』の品詞表示

  1 『言海』以前

  2 『言海』以後

 三 国語辞書品詞表示の変遷

 四 辞書における品詞表示の問題点


品詞論表記法 武部良明

 一 考察の観点

 二 名詞

  1 名詞送りがな

  2 代名詞形式名詞

  3 固有名詞漢字

 三 動詞

  1 動詞活用

  2 送りがなの多少

  3 活用とかなつかい

 四 形容詞

  1 形容詞活用

  2 送りがなの多少

  3 活用とかなつかい

 五 形容動詞

  1 音読形容動詞

  2 訓読形容動詞

 六 副詞接続詞

  1 漢字かかなか

  2 副詞送りがな

 七 助詞助動詞

  1 漢字かかなか

  2 助詞とかなつかい

 八 感動詞

 九 結語


明治以降日本文法関係書目 鈴木一彦林巨樹


資料1・擬声語擬態語一覧 鈴木雅子

 形態類型による分類と、その歴史分布状態

 各時代にみられる類型用例


資料2 サ変になり得る名詞漢語) 北條正子


資料3・主要接辞助数詞一覧 北條正子

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。