『和語漢語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『和語漢語』

ことば」シリーズ8

昭和53年6月20日 初版発行

和語漢語 (ことばシリーズ 8)

和語漢語 (ことばシリーズ 8)

文化庁

前書き

座談会 和語漢語をめぐって

  岩淵悦太郎(司会)

  斎藤修一千宗室竹西寛子

解説

 一 森岡健二「明治期の漢語」


 二 竹内美智子日本人心情表現和語

  ――形容詞による心情表現

  第一 言葉による心情表現

  第二 心情表現の担い手となる語彙和語

  第三 形容詞による心情表現


 三 飛田良文「漢語の読みと同音語」


 四 菅野謙「放送と和語・漢語」


 五 水谷静夫「和語と漢語の造語力」


 六 瀬戸仁学校教育における和語漢語の取り扱い」

   ――国語科の学習指導を中心に

  はじめに

  第一 語句語彙の指導について

  第二 和語漢語の取り扱いの時期、指導のねらいについて

  第三 教科書における和語漢語の取り扱い

  第四 和語漢語の具体的な取り扱い1指導事例からi

  第五 和語漢語の取り扱いの課題

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。