『古典語研究の焦点』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『古典語研究の焦点』

2010.1.31

武蔵野書院

http://snob.s1.xrea.com/l/20100330.html

屋名池誠奈良時代東国方言音韻体系防人歌筆録者

長沼英二奈良時代の下層識字層ことば平安時代語」―正倉院文書「請暇不参解」の「見治/看治」と「吾仏公」―

馬場治元興寺縁起宣命体について」

乾善彦表記体の変換と和漢混淆

尾山慎萬葉集所載地名表記における二合仮名」―非固有名詞表記との関係をめぐって―

池田幸恵宣命体表記変遷」―漢文助字「可」に注目して―

杉浦克己「『古語拾遺本文と『日本書紀』の訓読

高山倫明「濁音小考」―有声阻害音の意味

肥爪周二古典語連濁」―二つの未解決問題―

青木博史動詞重複構文の展開」

阿久澤忠歌語「嘆き」の消長」

安部清哉「『篁物語』の井野葉子氏「『源氏物語』浮舟巻での引用」説補強ならびに祖形小考」

岡野幸夫「『我身にたどる姫君』の複合動詞語彙

辛島美絵「「気色」と「仰(旨)」―古記録古文書等に見る〈けしき〉の用法の展開―

田中牧郎中古語情意形容詞「くちをし」の意味記述」―対象、誘因を表す語句の分析による―

中村一夫陽明文庫源氏物語動詞

西田隆政源氏物語地の文におけるケリ形の意味機能」―ケリ形による「認識」の再検討―

藤井俊博今昔物語集の「けり」のテクスト機能」―冒頭段落における文体的変異について―

藤原浩史「『枕草子』における概念形成」―副助詞「など」の運用―

山本秀人改編本類聚名義抄における注音方式の再検討―傍仮名音注声点の朱墨について―」

山本真吾東大寺図書館蔵『七喩三平等十无上義』について―『東大寺諷誦文稿』との比較を通して―」

アルベリッツィ・ヴァレリオ・ルイジ「古典語文体の分析のための試案―和漢混淆を中心に―  」

松本光隆漢籍訓点資料における訓読語位相文体―複製資料に依拠した研究を巡って―」

小助川貞次漢字字体から見た論語古写本の位置」

宇都宮啓吾紙背聖教の訓点について―訓点資料研究の一視点―」

尹幸舜日本漢文訓読からみた韓国漢文読法」

月本雅幸訓点資料の基本的問題について」

原裕再読字使用の問題―「未」の場合―」

柳原恵津子「『後二条師通記』冒頭三カ年分の「本記」と「別記」について」

田中雅和藤原定家著述資料における「侍」「候」について―『毎月抄』の違和感―」

堀畑正臣「『覚一本平家物語』に於ける「御(ご/おん/ぎょ/み)~あり」をめぐって」

青木毅「『水鏡』における漢語―その用語選択をめぐって―」

佐々木勇鎌倉時代における漢字音個人差親鸞恵信尼との比較―」

榎木久薫「連声と促音・撥音」

土井光祐鎌倉時代聞書類における本文整定の一形態明恵述・定真聞書「護身法事」をめぐって―」

矢田勉書記特有表現としてのメモ体―非陳述書記体の沿革―」

橋村勝明中世真名軍記に於ける倒置記法「有之」について」

磯貝淳一醍醐寺蔵『探要法花験記』における「也」の用字意識出典との比較に見る漢文和化の問題―」

坂本清恵「ゆれる〈をのこ〉とゆれない〈おとこ〉」―『仮名文字遣』の諸本アクセント体系変化―

高山知明「四つ仮名混乱と前鼻子音衰退化との干渉」―個別言語史視点の重要性―

蒋垂東「『南村輟耕録』所載「射字法」から見た『書史会要』の「いろは音注

佐藤貴裕「易林本『節用集』平井版研究の基本課題」

呉美寧清原家における『中庸章句』の訓読について―東京大学国語研究室兼右写・宣賢点『中庸章句』を中心に―」

加藤大鶴「『尾張国郡司百姓等解文』における字音声点

小田勝相互承接からみた中古語時の助動詞

伊藤雅光通時態、継時態、そして構造通時態



あとがき 編者 月本雅幸藤井俊博肥爪周二

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。