『動詞の自他』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『動詞の自他』

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000002439087/jpn

須賀一好

早津恵美子

刊行にあたって

凡例

〔1〕詞の自他の事(『詞の通路』より)     本居春庭  7

〔2〕動詞の自他被使動の研究 松下大三郎 13

〔3〕動詞の派生について 西尾寅彌  41

 ――自他対立の型による――

〔4〕自動化・他動化および両極化転形 奥津敬一郎 57

 ――自・他動詞対応――

〔5〕『変形文法と日本語(下〉』より 井上和子 82

〔6〕使役 青木伶子  108

 ――自動詞他動詞との関わりにおいて――

〔7〕自他違い                須賀一好 122

 ――自動詞目的語,そして自他の分類――

〔8〕自動・他動・受身動詞について 野村剛史 137

〔9〕状態変化主体の他動詞天野みどり 151

〔10〕「他動性とプロトタイプ論」より ヤコブセン 166

〔11〕有対他動詞と無対他動詞の違いについて 早津恵美子

 ――意味的な特徴を中心に―― 179

〔12〕「文法的なヴォイス語彙的なヴォイスの関係」より 198

                    野田尚史


解説編〉動詞の自他を見直すために 須賀一好 早津恵美子 207

動詞の自他」に関する研究文献一覧 232

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。