『前田富祺先生退官記念論集 日本語日本文学の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『前田富祺先生退官記念論集 日本語日本文学の研究』

(同刊行会平成十三年三月)


重見一行現代語訳を通して見た中古助動詞「ぬ」の表現意義

堤和博古語辞典の記述・用例について 「あざむく」・「になひいだす」・「かきかぞふ」・「あたたけし」を例として」 

田島智子「寛仁二年?頼通大饗屏風詩歌の整理 古筆切の再検討を中心」に

佐藤明浩藤原清輔の「ながひこ」詠をめぐって」

大村誠一郎「保昌と袴垂の話について 相手を見抜く武者」

大谷伊都子「「をこ」系の語彙について(そのー) 「をこ」と「をこなり」」

玉村禎郎中世後期の時を表す語彙(二) 『太平記』の「昨日」「明日」をめぐって」

高橋雅彦貞門俳論書の成り立ち 「毛吹草」の場合」

福田安典平賀源内と「名物六帖」」

荻田清「『芝翫節用百戯通』注釈(二)」

新稲法子「竹枝詞の背景」

余田弘実近世料理書における「さる」の意味領域」

橋本行洋「チラカルの成立」

小椋秀樹書簡文研究資料としての「女子書翰文」」

前田均国分一太郎の従軍体験に基づく作品群」

前田淳「アメリカ森鴎外 英訳「阿部一族」本文解釈について」

米川明彦集団語に見る言い換え

鄭秀賢ジェンダー表現日韓対照考察」

林八龍「身体語彙身体語彙慣用句考」

李漢燮日本語コーパスの作成に関する基本的構想」

王敏東「台湾における大学作成の日本語教材について」

戴宝玉「動詞の一過性含意によるノ・コトの使い分けについて」

森山卓郎推量形式と条件節」

藤田保幸引用論から見た「伝達ムード」の位置づけ」

大鹿薫久「自動と他動、あるいは所動と能動

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。