『兵庫県ことば読本』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『兵庫県ことば読本』

兵庫県高等学校教育研究会国語部会

東京書籍

平成15.3.1

A5判 196頁

方言って何だ 方言の基礎知識

言葉時代の流れにそって動く 関西方言の成り立ち

言葉分布を地図で表す 言語地理学の基本

心がいきいき動いている 日常会話談話文字化資料

共通語では言い表せないものがある 兵庫県方言語句

ふだんの言葉で書き残す 兵庫方言を用いた文学作品*1

生活の感覚がいきいきと 各地に残る伝承昔話、諺

暮らしの言葉を見つめてみよう 方言調査の前に

文化の宝庫をみんなで調べよう 方言調査の手引

調べて、まとめて、発表する 方言調査の後で

身の回りにある方言 方言グッズのいろいろ

方言をもっと詳しく知るために 参考文献のリスト

発展編=現代の方言の概説



「ここに、こんな言葉が」

方言の絵芝居

方言を用いたホームページ(例)

おわりに

*1関西方言夏目漱石「虞美人草」谷崎潤一郎「細雪」谷崎潤一郎「卍」、宮本輝「春の夢」?、宮本輝「花の降る午後」?川端康成「古都」松本清張「砂の器」、田辺聖子「オムライスはお好き」?北原文雄「島の春」、北原文雄「田植え舞」、中松弘子「達身寺花曼荼羅」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。