『例文通釈/古語辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『例文通釈/古語辞典』

古語辞典

江波熙

貼附刊記

昭和二十七年四月二十五日 印刷

昭和二十七年四月三十日 六版発行

蒼明社

序 久松潜一 昭和二十六年六月三日

凡例 旧著*1との比較

旧著へ七百増補して六千二百十四。引用例文数もまた五千三百に達している。

あ【足】〜をんなで 1-619

活用

主要作家略伝 623-635

主要作品解題 636-652

跋 653-654

附録目次(本文中に点在)

学生諸君に推奨 守随憲治

要領の良い編纂 能勢朝次

古語現代語との橋渡し 今泉忠義

*1:『参考古語辞典』?『例文通釈/新撰古語辞典』

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。