『佐賀県方言辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『佐賀県方言辞典』

佐賀県教育

1902

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992594


明治三十五年二月

江尻庸一郎序 本県中学校教諭清水平一郎氏、師範学校教諭松本亀次郎氏に委嘱し

上田萬年

ああ

あい

あいどん

あいばってん

あいよん

ああとっか

あぎゃん

あくせん

あげん

あさん

あしちゃあ

あしてゃあ

あしてえ

あすなした

あすぶ

あせがる

あせくる

あせる

あたいほたい

あたし

あづ

あっか

あつこ

あっか

あつこ

あったいば

あったか

あったひやしか

あっち

あっちゃあこうしい

あっちゃこっちい

あっちゃあこっちゃあ

あっとっが

あっぷうか

あとさん

あなてゃあがっすいろう

あなぼん

あにょう

あのう

あのしっつぁん

あばく

あぶいたこ

あへる

あぽ

あまだい

あまる

あん

あんしゃん

あんた

あんぢゃいもん

あんつくしょ

あんど

あんないば

あんねー

あんまい

あんわい

あめがた

あやわし

あゆ

あらあん

あらいやばんた

あらげえ

あらんもん

ありゃあ

あれ

いい

いいこ

いいし

いいやん

いが

いぎる

いく

いげ

いけばよし

いしゃぼん

いたぐらめ

いたぐらめする

いたみ

いたむ

いちころす

いちぶ

いちりい

いっこぼす

いっこぼるる

いっせん

いっち

いっちゃいろ

いっちょう

いっちょん

いっちん

いっとくる

いづる

いでもん

いなふ

いなまき

いにいずみ

いび

いひゅうか

いぼいづる

いまがてゃあ

いまのう

いん

いんに

いんにゃ

いんべゑ

いんま

いもりゃあ

うう

うう

ううか

ううくつうか

ううまん

うぐゆす

うぐる

うけでえ

うさっぴゅうか

うしつる

うする

うっかんがす

うづく

うっかんぐる

うっくやす

うくゆる

うっさらくい

うっとい

うっぱくさうか

うぬし

うのう

うぼう

うん

ええ

ええくさる

ええぐりひ

ええくりゃあ

ええくらう

ええぐゎ

ええしこ

ええやぐゎっさい

ええまち

ええひ

えざい

えじい

えしゃく

えしゃくする

えずう

えすか

えせなか

えづうし

えつう

えつけ

えっと

えっととする

えてかるう

えのち

えべす

えんか

えんくえんづう

ええくえんしょう

えんづう

えんち

えんなゐゃあ

えんば

えらかす

おい

おおく

おおけんなか

おおこ

おおどうか

おおどか

おが

おくもじ

おぐる

おぐる

おげ

おけたん

おこう

おこづる

おこぼり

おごる

おさ

おすか

おすはいさん

おずまかす

おずむ

おそまかす

おぞむ

おそゆる

おそわる

おだるる

おちる

おっく

おっこくる

こったち

おったぼう

おったん

おっちゃん

おっつぁん

おっつんなむ

おっとる

おっところしか

おと

おとちい

おとてえ

おとぼう

おとん

おどん

おども

おなぎ

おにんじょ

おばあさん

おばっちゃん

おぶく

おまえ

おんこどい

おんごん

おんぢい

おんちゃん

おんちょう

おんちょう

おんづうとい

どんととい

おんばきさん

おんばん

おんぶうさん

おんぼうさん

おもしか

およごし

おりょう

おろ

おろいか

おろかげん

おろたゆ

おろつかす

おろつく

おろも

かあさん

かい

かい

かいまぐるる

がが

かか

かかひ

かがひ

かかさん

かかるう

かかる

かきゃい

かくうち

かくさん

かくまはし

かくれごう

かくれもうじゃう

かけあい

かけぐらう

かご

かごむ

かさむ

かしこか

かすきばい

かすぎゃあ

かすげえ

かずむ

かぜふき

かたいどし

かたてゃあし

かたやあし

かちがらす

かちゃあし

かちゃいがちゃい

かっかあ

かっかん

かつがる

かっかやす

かっかゆる

かっくい

がっくい

かつくゎい

かつしい

がつす

かってゃこんごう

かつぱし

かっぽす

かてえし

かてゃあしのあぶら

かてやいかてやい

かな

がと

がね

かなだりゃあ

かばしか

かわっそう

かぶ

がまだす

かん

がんき

かんころ

がんごう

かんしゃう

がんしん

かんずる

がんぢゅうか

がんづめ

かんぴゅう

かんぶり

がめ

かめわれ

からいも

からふ

からし

からしな

がらまゆる

からすみ

がらるる

がる

かるふ

かれいし

かわち

ぎい

ぎい

きいばん

きう

きさんに

きしょくに







ぬかる

ぬぐ

ぬく

ぬくか

ぬくだらしか

ぬくめ

ぬぐる

ぬすくる

ぬすたれ

ぬすど

ぬする

ぬたか

ぬたぼう

ぬっきり

ぬっつう

ぬってっつう

ぬっぺい

ぬぶ

ぬぶる

ぬぶる

ぬぺえぬぺえ

ぬらい


らちくゎちもなか

らんきょう

らんぽうかくる

りう

りくゎうもん

りしん

りゅうぎ

りゅうぢ

りゅうぎゃあもん

るう

るてん

ろく

ろくすっぽうに

わい

わかっさん

わだわが

わくどう

わこうさん

わさん

わっかもん

わんき

わんぐい

わんざと

わやく

わやくいふ

わるう

わろう

方言改良の方案 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992594/91


書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。