『佐藤喜代治教授退官記念国語学論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『佐藤喜代治教授退官記念国語学論集』

1976

桜楓社

形式語考(森岡健二)

沖縄県平良市方言付属語duおよびnu,gaについて(柴田武)

中川成身院本の点法について(築島裕)

前野蘭化思思未通」小察(杉本つとむ)

身体語彙史序説(前田富祺)

翻訳語としての万葉語-「春」の複合語を中心に(佐藤武義)

平安時代記録体文章の性格とその変遷-「別」字の用法を通じて(遠藤好英)

接尾語「げ+さ」覚書(平林文雄)

文末用法におけるカとヤ――「宇津保物語」を中心として(佐藤宣男)

論語元亀四年点と文之点(村上雅孝)

保元平治物語文章-その会話導入形式「-けるは」をめぐって(下河部行輝)

塵芥」と「平他字類抄」(大友信一)

「浪ばかりこそ寄ると見えしが」考-中世におけるコソ係結法の一側面(井上章)

命令表現「(拝ま)い」「(落ち)さい」に関する一考察-説教正本を中心に(蜂谷清人)

和泉流狂言「天理本」と「小早川本」の待遇表現の比較考察-対称代名詞を中心として(彦坂佳宣)

寛文五年真草二行節用集「気形」門の増補語彙(菊田紀郎)

訂正古訓古事記』の訓法(佐藤稔)

昨夢紀事」に見える漢語について(鈴木丹士郎)

文法」の語誌(佐藤亨)

高山樗牛書簡文文体(飛田良文)

尾崎紅葉「三人妻」副詞表記(梶原滉太郎)

志賀直哉文体-「暗夜行路」の文体的位置を中心に(中村邦夫)

「文の文法」から「文を超える文法」へ-「後日大阪へ行ッタ」の有する連文機能をめぐって(仁田義雄)

移動動詞構造意味-「場所に関する名詞+格助詞」との結合に注目して(丹保健一)

語の意味差と地理的分布-「かつぐ」をめぐって(本堂寛)

北海道方言の地理的背景-『日本言語地図』第4集について(佐藤亮一)

江戸時代以降の仙台方言語史-転訛を中心として(加藤正信)

標準語化の過程と地理的分布図-長野県佐久地方の調査から(永瀬治郎)

北陸地方における「ネマル」の意味分布とその解釈(川本栄一郎)

生活語彙体系の記述について-越中五箇山方言を例として(真田信治)

「餅」の字義について(佐藤喜代治)

佐藤喜代治教授略歴

佐藤喜代治教授著作目録

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。