『今泉博士古稀記念国語学論叢』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『今泉博士古稀記念国語学論叢』

今泉忠義


桜楓社

1973

徳田政信文法体系輪層説――国語史における変化と不変化の問題」

原土洋文における表現の過程――言語過程説、その原点への回帰

寺田泰政国学者鱸有飛とその国語研究

川上蓁動詞からの転成名詞のアクセント

桜井茂治「『補忘記』雑考――旋律アクセント

平山輝男特殊アクセント体系の成立とその通時論的解釈

漆原直道古事記の清濁表記について――「へ」の仮名を中心に」

小倉肇日本霊異記反切音註について」

森孝宏「D.Colladoの鼻音符号について」

高橋伸幸真字本の用字――『大塔物語』の形容詞から」

夏井邦男「『万葉集』の表記法について」

新山茂樹「『和英語林集成』に見える漢字表記について――初版・三版における異同事例の一考察」

遠藤潤一日葡辞書のナリ活形容動詞

柏原司郎中世国語辞書(運歩色葉集)の一調査」

岡崎正継「『御導師遅く参りければ』の解釈をめぐって」

小杉商一「やがて」とその類語――即時をあらわす表現

長谷川政次否定の応答語「いえ」とその類語

浅野信「「(あら)ずは」考説」

遠藤和夫「『七十五巻本正法眼蔵』の文体語法――とくに已然形用法について」

鎌田広夫万治二年本「伊曽保物語」の語法

上村良作天草版平家物語における助動詞「まじい」「まい」について

小谷信幸「「ものゆゑ」と「ものから」という語について」

小林保夫形容詞の活用形成立過程――終止形連体形とについて」

杉崎一雄待たましもかばかりこそはあらましか――「まし」の一用法について」

妙摩光代字訓の中の対格

橘誠源氏物語の語法――同格助詞「の」の用法

種友明助動詞カとタリの意味について――その上代の場合」

山口雄輔「「夜半の寝覚」の語法――係助詞文末形式

吉川泰雄「「とて」「と言って」などの訛形に就いて」

小林国雄中学校・高等学校の文法教育

此島正年「「る・らる」の尊敬用法

田辺正男「まゐる」「まかづ」などについて

中村幸弘源氏物語中の「思ひ――」型複合動詞尊敬表現――「思ひ――給ふ」と「おぼし――」」

配島成光源氏物語の「御覧ぜさす」

道本武彦「たてまつれ給ふ」の「たてまつれ」についての私見

宮地幸一「まゐる・まゐらす考――平安朝後期の資料を中心として」

森昇一いはゆる「謙譲語」について――「奏す」にふれつつ」

和田利政覚一本平家物語における「――奉る」と「参らす」について」

岩井俊道京ヘ筑紫ニ板東サ

鎌田良二播但国境方言――語彙について」

金田弘「火尭和尚再吟」攷

国田百合子語構成の上からみた婦人語の系譜

黒瀬崇言文一致時代初期の一資料

中島繁夫啄木の短歌の文体――「一握の砂」「悲しき玩具」について」


今泉博士年譜

今泉博士主要論著年表

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。