『九州方言の基礎的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『九州方言の基礎的研究』

昭和44年5月31日

九州方言学会

風間書房

10 序説


20 広域調査研究

 21 調査の概要

  211 調査の目的

  212 調査の方法

  213 調査項目および設問

  214 調査地点

  215 方言資料提供者

 22  分布事象一覧表

  221 作成の意図

  222 音韻一覧表

。'eNpicu(老)

。'eNpicu(少)

。cu'e(老)

。cu'e(少)

。sjoRcjuR(老)

。sjoRcjuR(少)

。gaikoku(老)

。tabi(老)

。'omo'u(老)

。'omo'u(少)

。do'joR(老)

。do'joR(少)

。'joRsi(老)

。suzu(老)

。zukiN(老)

・zukiN(少)

。huzi(老)

。huzi(少)

。oRzeki(老)

。oRzeki(少)

。sakazuki(老)

。kucu(老)

。haci(老)

・zjuzu(老)

。'jodare(老)

。'jodare(少)

。zabutoN(老)

。zabutoN(少)

。'udoN(老)

。'udoN(少)

。hox'wa(老)

。hoN'wa(少)

。riNηo(老).

。hoN'o(老)

。kicune(老)

。klcune(少)

。tecudoR(老)

。tecudoR(少)

・'jakuba(老)

 。naku(老)

 。kuruma(老)

 。kuruma(少)

 。macuri(老)


223 文法一覧表

 。考える(老)

 。考える(少)

。出よ(老)

。出よ(少)

。出ない(老)

。出ない(少)

。出よう(老)

。出よう(少)

。しよう(老)

。しよう(少)

。考えよ(老)

。死ぬ(老)

・死ねば(老)

。死ねば(少)

。飲んで(老)

。飲んで(少)

。好くて(老)

。元気だ(老)

。様態の「ゴタル」(老)

。様態の「ゴタル」(少)87

既然態(老)88

既然態(少)89

進行態(A) (老)90

進行態(A)(少)91

。四角に(老)92

動作の同時並行(老)93

能力可能(老)94

能力可能(少)95

。状況可能(老)96

。状況可能(少)97

主格「の」(A)(老)98

主格「の」(A)(少)99

準体助詞(老)

。方向・方位「へ」(老)

逆接「ても」(老)

逆接「ても」(少)

丁寧(老)

丁寧(少)

否定の問いに対する「はい・いいえ」(A)(老)

否定の問いに対する「はい・いいえ」(B)(老)

伝聞文末(老)


224  言辞一覧表

。蛾(老)

。彼岸花(老)

。蓬(老)

。牡蠣(老)

。地面(老)

。出しあい会飲(老)

。(A)かにの甲羅(B)柿のヘタ(老)

。離婚(老)

。びり(老)

。ボク(老)

。運がよい(老)

。オロ良イ(老)

。ガマダス(老)

。食物の腐敗(老)

。へそくり(老)         124

。シコル(老)125

。弁償する(老)126

。きつい(老)127

。しばく(老)128

。ネオル・ネッタオス(老)129

。アエル(老)130

。アバ(老)131


23分布地図

 231作成の意図

 232参考地図

  。調査地点図

  。九州地方地勢図

  。九州藩別地図


233 音韻分布地図

。カジ(火事)のカ(老)

。カジ(火事)のカ(少)

。フルイ(篩)のルイ(老)

。フルイ(篩)のルイ(少)

。ダイコン(大根)のダイ(老)

。トケイ(時計)のケイ(老)

。ホーズキのホー(老)

。ホーズキのズ(老)

。ホーズキのキ(老)

。ジ(字)(老)

。ジゴク(地獄)のジ(老)

。センセー(先生)の初めのセ(老)

。ツノ(角)のツ(老)

。コクゴ(国語)(老)

。ヒバチ(火鉢)のチ(老)


234 文法分布地図

  。起きる(老)

。起きない(老)

。来い(老)

。来い(少)

。せよ(老)

。せよ(少)

。来よう(老)

. 。好い(老)

。ダ,ジャ.ヤ(老)

。ダ,ジャ,ヤ(少)          

打消過去「行かなかった」(老)164

打消過去「行かなかった」(少)165

主格「の」B(老)166

主格「の」B(少)167

 。対格「を」(老)168

 。経由・手段「で」(老)169

 。行為の日標「に,ために」(老)170

 。順接「から」(老)171

 。逆接「けれども」(老)172

 。文末詞「タイ」「バイ」(老)173


235 語辞分布地図175

。蟻(老)176

。用水路(老)177

.。鳳仙花(老)178

。鳳仙花(少)179

。痘痕(老)180

。神官(老)181


24 分布略説

 241 記述の意図

 242 音韻

 243 文法

 244 語辞


25九州方言の各県別解説

 251記述の目的

 252記述方針および記述項目

 253福岡

 254佐賀

 255長崎

 256熊本

 257鹿児島

 258宮崎

 259大分


26九州方言の総括的解説

 261 記述の方針

 262 音韻

 263 文法

 264 語辞


30集中調査研究


31調査の概要

 311調査の目的

 312調査の方法


32大分県長湯方言

 321地点概説

 322音韻

 323アクセント

 324文法

  3241文表現

  3242語形態

 325語彙(形容語の語構成)

 326録音資料


33佐賀県北山方言

 331地点概説

 332音韻

 333アクセント

 334文法

  3341文表現

  3342語形態

 335語彙(形容語の語構成)

 336録音資料


34熊本県深海方言

 341地点概説

 342音韻

 343アクセント

 344文法

  3441文表現

  3442語形態

 345語彙(形容語の語構成)

 346録音資料


35鹿児島県岡児ケ水方言

 351地点概説

 352音韻

 353アクセント

 354文法

  3541文表現

  3542語形態

 355語彙(形容語の語構成)

 356録音資料


36 形容語彙意味分類(対照表)


37 4地点の歴史的概観

 長湯

 北山

 深海

 岡児ケ水


40文献調査研究605

 41国内文献.605

  411文献解説605

  412語彙集覧625

 42海外文献675

  421文献解説675

  422語彙集覧697


 索引

 あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。