『九州方言の史的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『九州方言の史的研究』

奥村三雄

桜楓社


序文

第一章 九州方言の史的考察

 第一節 九州方言の分派-方言国語史的考察

  1 九州方言アクセントの系譜

  2 九州方言の区分と分派 アクセントとその他の諸現象

 第二節 九州方言の古さ 文献方言史的考察

  1 方言的特徴を溯る

  2 中央語との分派時期


第二章 方言国語史的研究

 第一節 方言地理学的研究

  1 方言史国語史の接点1「蜘蛛」の語史 杉村孝夫

  2 「すわる(正座)」の語史 伊原信一

  3 「におい」の語史 木部暢子

  4 「数える」の語史 高橋敬一

  5 「蛙」の語史 辛島美絵

 第二節 九州方言変化の実態

  1 福岡地方におけるアクセント変化 中村萬里

  2 北九州市内筑前域におけるアクセント変化 添田建治郎

  3 北部九州新方言 陣内正敬

  4 日田市におけるアクセント変化-共通語受容の特異性ー 二階堂整

  5 琉球における「複母音」の諸相 崎村弘文


第三章 文献方言史的研究

 第一節 文献方言史総論 迫野虔徳

  1 方言史の構想

  2 交隣須知を例として

 第二節 文献方言史各論

  1 中国資料方言1『吾妻鏡補』所載の日本語ー 高山倫明

  2 方言資料としての『唐話纂要』ー長崎方言の形成 福田益和

  3 近世肥後文献にみられる俚言 矢野準

  4 『大和口上言葉集』について 伊佐山潤子

  5 日向高鍋藩『本藩実録』の方言語彙 坂口至

  6 朝鮮資料による九州方言史 藤井茂利


第四章 九州方言研究史

 福岡県 辛島美絵二階堂整

 佐賀県 江口泰生

 長崎県 赤峯裕子

 熊本県 山下和弘

 鹿児島県 坂本浩一

 宮崎県 高山百合子

 大分県 二階堂整


第五章 筑後方言資料はまおぎ

1 『はまおき解題 岡島昭浩

2 『はまおぎ影印

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。