『九大言語学研究室報告』21

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『九大言語学研究室報告』21

『九大言語学研究室報告』

2000年3月31日



[論文]

(平野尊識)Takanori Hirano Toward a new typology of relative clause constructions - syntax-based and pragmatics-based formation -

小野寺ゲァリー「総合的なバイリンガル活性化モデル」

立石未来「補文構造と表示の経済性――知覚動詞補文使役動詞補文の類似性について――」

Teo Chuu Yong (張楚栄) The Argument Structure and Syntax of Chinese Resultive Verb Compounds

山本将司「日本語手話動詞構造、および意味役割付与に関する統語表示について」

Lin Hua (林嬅) The Syntactic Structure of BA-Construction in Mandarin Chinese



[卒業論文要旨]

日本語の関係節を含む項構造について

八女方言音調について

日本語における二重関係節付加曖昧文の処理について

日本語移動動詞における経路位置関係とアスペクトの関係

佐賀県東部方言動詞活用             

負担軽減理論における感謝表現の特徴――友人間での表現の特徴について          

漢字処理における音声意味形態の相互関係について

博多方言における促音化について――形式名詞「と」の促音化を中心に        

日本語の文処理における格助詞の影響について      

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。