『九大言語学研究室報告』17

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『九大言語学研究室報告』17

『九大言語学研究室報告』

1996年3月31日発行


[論文]

平野尊識)Takanori Hirano Does Clausal Nominalization Reflect Basic Word Order?

和田学「「の」の格理論による分析の問題点」

笹栗淳子現代日本語における「名詞のコト」の分析――2つの用法と「コト」の統語的位置――」

川添愛「日本語の数量詞の統語的位置と意味の相関」


[研究ノート]

片岡喜代子「スペイン語のNegPは何処か?」


[卒業論文要旨]

日本語の認識動詞構文の非時制補文について

言い誤りから見た日本語における言語産出についての考察

日本語における疑問を表す文末表現に関する統語論的研究

英語助動詞縮約について

連用修飾語機能について

日本語の言い淀み表現について 「なんか」を中心に

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。