『九大言語学研究室報告』15

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『九大言語学研究室報告』15

『九大言語学研究室報告』

     1994年3月31日発行


[論文]

平野尊識)TAKANORI HIRANO ILOKANO: A GRAMMATICAL SURVEY

陣内正敬「「さあ、どうでしょう…」――外国人にわかりにくい日本人言語行動――」

大里泰弘「日英思考動詞語彙分析」

江口正間接疑問節が二つ共起する文について」

坪内佐智世「福岡市博多方言におけるアクセントと一型化現象について」

JENNIFER SMITH GEMINATE INALTERABILITY AND THE STATUS OF [h] AND [p] IN SINO-JAPANESE MORPHEMES


[卒業論文要旨]

宮崎市方言における助詞の付加によるイントネーションの変化について

言語運用における談話標識機能について

北九州市方言における文末助詞「バイ」と「ヨ」の談話機能について

日本語補文標識構造

現代ギリシャ語指示詞について

鹿児島県西之表市方言動詞形容詞活用について

日本語認識動詞構文統語的、意味的特性について

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。