『中村幸彦著述集3近世文芸賸稿』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中村幸彦著述集3近世文芸賸稿』

中村幸彦著述集第三卷』中央公論社

ISBN:4124021437

 第三巻 近世文芸賸稿

一 研究方法

   1 近世文学史の構想

   2 専門白痴的考証法

   3 『文学』と私

   4 補助学との間

   5 近世出版事典

   6 国文学研究の揚

二 時代精神

   1 近世文学精神の流れ

   2 近世小説に於ける三教一致思想の推移

   3 大衆化の志向

   4 近世的なるものの否定の様相

三 作家環境

   1 文人と宗匠

   2 江戸文人の生活

   3 平民文学俗文学の弁

   4 荷風と戯作者

四 小説小論

   1 江戸諷刺小説について

   2 西鶴の組材

   3 天下の町人考

   4 血かたびらの説

   5 樊噲 ──春雨物語小論

   6 茶〓酔言と胆大小心録

   7 怪異の世紀

五 浄瑠璃歌舞伎

   1 浄瑠璃絵尽の効用

   2 近松作品中の遊里

   3 傾城妻恋桜

   4 御家狂言におけるかぶき性──加賀騒動の芝居と実録体小説

   5 狂言伎語

六 川柳、雑俳

   1 悪口の文学──川柳洒落本の素描

   2 川柳洒落本

   3 川柳における詠史句

   4 地方雑俳研究を提唱する

   5 誹諧あるが中──元禄六年前句附会所本

   6 落書やなきたる

   7 冠句のおもしろさ

   8 川柳雑俳寸感

七 近世歌謡資料二三

八 古典近世文学

   1 伊勢物語近世文学

   2 源氏物語近世文学への影響

   3 方丈記徒然草近世的享受

   4 徒然草受容史

   5 芭蕉近世文学


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。