『中村幸彦著述集14書誌聚談』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中村幸彦著述集14書誌聚談』

中村幸彦著述集第十四卷』中央公論社

ISBN:4124021542

 第十四巻 書誌聚談

一 書誌学雑談

   1 日本書目史の課題

   2 近世地方版研究の提唱

   3 近世読者

   4 擬作論


二 本のはなし

   1 回想この一冊(童子問)

   2 古義堂文庫展覧会

   3 駿台雑話など 

   4 亀門の学風──『亀井南冥昭陽全集』刊行によせて

   5 洗心亭詩稿付一女性日記

   6 近世軍記物──『英草紙』を注して寸感

   7 二つの島原もの

   8 衒売女色の道

   9 二、三浮世草紙の刊年

   10 傾城手管三味線成立年代

   11 大東急記念文庫洒落本の書入

   12 洒落本おっかぶせの弁

   13 洒落本作者

   14 風来山人著作考

   15 一九浮世絵と画入狂歌

   16 太功記十段目

   17 江戸時代のベストセラーズ

   18 「柳さくら」へんちき論

   19 荷風の戯作性──三柏葉樹頭夜嵐について


三 解題

   1 春雨物語解題

   2 狂詩狂文篇(近世文学刊本叢書)解題

   3 山口剛作「明和の一人」を読む

   4 石川淳著諸国畸人伝(中公文庫)解説


四 未刊随筆

   1 東行話説

   2 大観随筆

   3 世々之姿

   4 雨中の伽など

   5 所聞録など

   6 宝暦雑録

   7 盍簪録

   8 平亭銀鶏の雑記類

   9 一簾春雨など

   10 とはずがたり(石川雅望)

   11 消夏雑識など

   12 人熱三味湯など

   13 公幹先生東遊雑漫録

   14 反古袋

   15 恭斎備忘録

   16 益軒東涯庭鐘の抄記

   17 愚艸(京都の巷談集)など

   18 稲垣木公の寒翠楼塗説など

   19 帰厚録(名公遺事)など

   20 于明俳行脚控

   21 偽書のくさぐさ

   22 金華漫録など

   23 斎静斎の随想類

   24 黒川道祐著遠碧軒随筆


五 図書館と文庫

   1 肥前島原松平文庫紹介(抄)

   2 天理図書館の蒐書──和漢書全般について

   3 天理図書館江戸文学

   4 古義堂遺書について

   5 大阪天満宮の御文庫と蔵書


付 新しい図書館

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。