『中村幸彦著述集12国学者紀譚』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中村幸彦著述集12国学者紀譚』

中村幸彦著述集第十二卷』中央公論社

ISBN:4124021526

 第十二巻 国学者紀譚

一 国学雑感──直毘霊をめぐって──

二 契沖

三 万葉自筆の一稿本

四 紀伊殿の閨秀歌人達

五 万葉集をめぐる国学者の生活

六 栗田土満稿本 古事記伝をめぐ.て

七 上田秋成伝浅説

   1 秋成とその交友

   2 小資料

八 賢愚同袋

   1 宣長書簡

   2 真淵美樹と土満

   3 豊蔵坊信海の歿年

   4 道麿と土満

   5 仙果『へたてぬ中の日記』抄

   6 馬琴の書画会

   7 久老の放誕

   8 小篠敏伝攷

   9 伴信友軼事

   10 宗長居士伝の撰者

   11 大館高門の墓

   12 表太のこと

   13 馬琴の姿勢

   14 馬琴日記に寄せて

   付一 細川幽斎文学生活──慶長初年──

   付二 安楽庵策伝とその周囲

九 擬古文


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。