『中村幸彦著述集10舌耕文学談』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『中村幸彦著述集10舌耕文学談』

中村幸彦著述集第十卷』中央公論社

ISBN:412402150X

 第十巻 舌耕文学

一 序章

二 実録、講談について

   1 実録体小説研究の提唱

   2 実録研究綱領

   3 実録と演劇……伊達騒動物を主として

   4 柳沢騒動実録の転化

   5 実録黒田騒動の成立

   6 水戸黄門記をめぐって

   7 太平記講釈師たち

   8 神道講談──吉田天山の『北野実伝記』を軸として

    付 吉田天山と北野実伝記の再説

三 落語について

   1 仕形咄考

   2 古典落語の研究法

   3 古典落語──その文学的面白さの発見

   4 落語の文芸性

四 舌耕文芸資料断片

   1 京都桂派

   2 大阪の噺会

   3 明治初年のうかれ節興行

   4 不風流志道軒

   5 大阪講談中興之祖吉田一

   6 軍談業名面帳

   7 高古堂と小咄

   8 舌耕文芸春水

   9 上方講釈

   10 茶番

   11 大阪

   12 金鴈堂本虎の略伝

五 浪花節について

   1 ちょんがれ、ちょぼくれ考

   2 浪花節

   3 伝統芸能における浪曲の位置

六 大阪俄について

   1 大阪俄の発生

   2 ぼけの味

付録

   1 菅家瑞応録について

   2 白太夫考──天神縁起外伝

   3 江戸時代上方における童話

   付 上方童話絵本二、三



書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。